改めて知ろう!国内のお茶産地一覧

改めて知ろう!国内のお茶産地一覧


皆さんは、国内のお茶産地をどのくらいご存知ですか?
毎日の食卓にお茶が必ず出ているというご家庭も多いと思いますが、そのお茶の産地がどこか言える方は少ないのではないでしょうか。

そのくらい当たり前になっている日本のお茶文化ですが、ここで改めて国内のお茶産地をチェックしていきたいと思います。

国内のお茶生産量ランキング

お茶の木は寒さに弱いということから、比較的温暖な地域で生産されています。
そのため、国内のお茶産地として有名な(主要)箇所は、静岡よりも左側となっています。

まずは、主要なお茶産地のランキングを見ていきましょう。
1位 静岡県 31,800トン
2位 鹿児島県 22,700トン
3位 三重県 6,830トン
4位 宮崎県 3,620トン
5位 京都府 3,190トン

荒茶生産量は、このようなランキングになっています。
「静岡県=お茶」というイメージをもっている方も多いだけに、飛び抜けた生産量を誇っています。
京都は宇治茶で有名ですが、生産量で見ると5位となっており、イメージとは少し違うという印象です。

国内のお茶産地を知る

では次に、国内のお茶産地には他にどのような産地があるのか、見ていきましょう。

  • 青森県 黒石茶
  • 岩手県 気仙茶
  • 宮城県 桃生茶
  • 秋田県 檜山茶
  • 山形県 庄内産茶
  • 茨城県 さしま茶、奥久慈茶、古内茶
  • 栃木県 板荷茶、鹿沼茶、黒羽茶
  • 群馬県 梅田茶
  • 埼玉県 狭山茶
  • 千葉県 佐倉茶、八街茶
  • 東京都 東京狭山茶
  • 神奈川県 足柄茶
  • 新潟県 村上茶
  • 富山県 バタバタ茶
  • 石川県 加賀棒茶、中居茶
  • 山梨県 南部茶
  • 長野県 明石銘茶
  • 岐阜県 揖斐茶、白川茶
  • 静岡県 静岡茶、川根茶、本山茶
  • 愛知県 西尾碾茶、足助寒茶、新城茶
  • 三重県 伊勢茶、度会茶、水沢茶、伊賀茶
  • 滋賀県 朝宮茶、政所茶、土山茶
  • 京都府 宇治茶
  • 兵庫県 丹波茶、母子茶、朝来みどり
  • 奈良県 大和茶
  • 和歌山県 色川茶、川添茶、音無茶
  • 鳥取県 大山茶
  • 島根県 出雲茶、大東茶
  • 岡山県 海田茶、富原茶
  • 広島県 世羅茶
  • 山口県 小野茶、高瀬茶
  • 徳島県 阿波晩茶、相生茶、歩危銘茶、宍喰寒茶
  • 香川県 高瀬茶
  • 愛媛県 新宮茶、久万茶、鬼北茶、松野茶
  • 高知県 碁石茶、土佐茶、仁淀茶
  • 福岡県 八女茶
  • 佐賀県 嬉野茶
  • 長崎県 そのぎ茶、世知原茶
  • 熊本県 くまもと茶
  • 大分県 因尾茶、津江茶
  • 宮崎県 高千穂茶、都城茶
  • 鹿児島県 鹿児島茶
  • 沖縄県 やんばる茶

こうしてみてみると、ほとんどの県でお茶が生産されていることが分かります。
ただ、少量しか生産されないものや、現在では生産されなくなったものも含まれますので、厳密にはもう少し生産地は減ってしまいます。

日本茶の文化が広まってからというもの、多くの地域で生産されるようになりました。

お茶の種類

日本茶には、緑茶・玄米茶・ほうじ茶などの種類があります。
一番多く飲まれているのは、全国共通で緑茶となっていますが、九州に近づくにつれほうじ茶が飲まれる割合が少なくなり、緑茶が飲まれる割合が多くなります。
その背景には、歴史的なものや生産地などが関係しているのかもしれません。

おわりに

お茶の産地をざっと見てみると、全国各地で生産されていることが分かります。
毎日の食卓に出てくるお茶がどこで作られているお茶で、どのような銘柄のお茶なのかを知ることで、より食事が楽しくなるかもしれません。
これを機に、毎日飲むお茶をチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元

http://www.zennoh.or.jp/bu/nousan/tea/
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/cha/ocha.html
http://www.nippon-tea.co.jp/tea_01.html